最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見でシロクマ!【2014年9月19日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 ロッカク岩 → 大牛裏
2ダイブ目:牛着岩 小牛の前角 → ブルーコーナー
3ダイブ目:牛着岩 ほぼスタンダードコース
天気 曇り
風向 東より
流れ 軽い下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 24℃
水温 24℃〜25℃
透明度:15m〜16m
透視度:13m〜14m
今日は朝、電車でご到着の方がおひとりと、やはり朝、車着の方がお二人、合計3名様でした。皆さんリピーターです。車でご到着ゲストに電車着の方と時間を合わせていただいて、いつもよりちょっと遅めに波止場に到着しました。
3ダイブ牛着岩ver.9.0さあ、これから1本目エントリーしようかというタイミングで、朗報が!
現地サービスのガイド・ささめちゃんがまさに今クマドリカエルアンコウを見つけたと、船頭さんから無線が入ったのです。彼女からしっかり位置を聞いて、いざ出発。ですが一目散にシロクマ(白いクマドリカエルアンコウを略してこう呼びます)へ向かったわけではなく、まずは昨日ハナタツ4個体と極小のカエルアンコウが見つかったロッカク岩へ。
はい、きっちりハナタツ4個体とちっちゃ〜いカエルアンコウの仲間をゲットしたところで、シロクマの場所へ。
DSCF2542極小カエルこちらも比較的すぐに見つけることができました。久しぶりのご対面です。
カエルアンコウの仲間、雲見では5種類ほど見ることが出来ます。中でも一番数が少なく一番カワイイのがこちら。
DSCF2548シロクマすごい。潜りはじめて20分でもうハナタツ4個体とカエルアンコウの仲間2個体を見てしまいました。
このあと大牛の洞窟クリアクリーナーシュリンプが何匹もウツボをクリーニングしている様子を見ました。が、暗い中に透明なエビなので写真は厳しかったですね。洞窟を出てしばらく移動していくと・・・。ツバメウオ、今日も見ることが出来ました。
DSCF2582ツバメウオ最後に、こちらは以前からいる黄色いハナタツを確認して浮上です。この1ダイブだけでハナタツは5匹も見たことになります。
DSCF2595ハナタツこれだけ見つかると欲が出てくるのが人間ってもんです。最近、牛着岩周辺でいる、又はいたと情報のあるカエルアンコウやハナタツを全部確認したくなりました。中にはちょっと古かったり、あまり詳しい場所を知らなかったりするのもいたんですが・・・。
案の定、前半戦は情報の確度が低かったせいでイマイチみつからず。4匹くらい肩すかしを食いました。
やっぱり調子に乗っちゃ駄目ですね。f ^ ^ *)
捜索の途中で出会ったクエです。
DSCF5314クエ 2本目、最初に見つけたのは今日6匹目となるハナタツ。完全に有り難みは消え、ゲストからは「ああまたね」的なリアクションしかもらえません。
気を取り直してさらに捜索を続行します。
これは小牛の洞窟・入口付近に以前からいる黄色いベニカエルアンコウ。かなり場所を移動していて、ゲストが発見しました。
DSCF2628黄色ベニカエルこちらは今日情報をもらったばかりのベニカエルアンコウ。情報が新しければ、ちゃんと見つけられます。f ^ ^ *)
DSCF2634たて穴ベニカエル私が必死に岩肌を探し回っている間、ゲスト達は各々楽しく過ごしていたようです。これは自力で見つけて写真を撮ったヒメギンポ
DSCF2641ヒメギンポ3本目、どこに行こうか迷った結果ゲストと相談。そして迷った時のスタンダードコースということで、基本に戻って地形巡り、してきました。
これは途中でしっかり押さえたホホスジタルミの幼魚。いついなくなってしまうか分からないレア物の季節来遊魚。外すわけにはいきません。
DSCF2662ホホスジタルミ水路下の洞窟を通って湾内に戻ります。
DSCF5319水路下の洞窟ふと見つけたベニホンヤドカリ。ちょっと触ったら、なんと! 貝からぽろりと体を出して、裸のまんま逃げ出したじゃありませんか!
下の写真、よく見て下さい。体がぐるぐると渦を巻いた形をしているのが分かるでしょうか。
DSCF2693裸のベニホンさらに、よく見ると卵らしきものを体にくっつけています。だから動揺して宿を捨ててしまったんでしょうか。
DSCF2700ベニホンヤドカリ卵いやぁ、この他にも紹介しきれなかった生き物多数! 充実の3ダイブでした!(*^^*)
本日の写真提供はYumikoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 来週24日水曜日、お休みいただきます。m(_ _)m

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP