最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

イサキと遊ぶ雲見【2014年7月16日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 24ブイ → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 軽い下り潮
波・うねり うねり少々
気温 30℃
水温 18℃〜20℃
透明度:8m〜15m
透視度:8m〜15m

リピーターのゲストおふたりと平日の雲見を存分に楽しんできました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0これは水路下の洞窟。穴の奥側の所から、ずっと見通せました。ここが一番きれいだったかも。
DSCF0067水路下の洞窟クランクにいるテングダイ。なかよしです。
DSCF0074テングダイゲスト達のリクエストは「群れ」。これを意識したコース取りでした。雲見のイサキの群れは何故かのんびりしていて、近づけます。
DSCF7981イサキ目の前上を向いても群れ。まるで入道雲のよう。
DSCF7982イサキ真上穴をくぐれば、オオスジイシモチが口内保育していたり。
DSCF0065オオスジイシモチヤマドリの雄がケンカの真っ最中だったり。これ、雄と雄の縄張り争いなんですが、大きな背ビレを広げて「俺のほうがデカイ」と競い合うのです。だから一見寄り添うように並んで見えますが、本人達は人間で言うところのにらみ合い状態です。つまり「ガン飛ばし」中ですね。しばらく待ってみましたが、ニンゲンのほうが先に根負けしてしまい、背ビレを広げた瞬間は見られませんでした。
DSCF0095ヤマドリソフトコーラルの中にはテンロクケボリ
DSCF0111テンロクケボリ下を通るダイバーの吐いた泡(=通称エアカーテン)とネンブツダイのコラボ。
DSCF0114エアカーテンと群れ地形と群れがいい具合にマッチして、いかにも雲見な景色に。
DSCF7986絵になるそして最後もイサキの群れです。
DSCF7990イサキ普通、近寄ると逃げちゃうんですけどね〜。f ^ ^ *)
DSCF7991イサキリクエストに応じていろんな楽しみ方が出来る雲見です。(*^^*)
本日の写真提供はKanazouさん。ありがとうございました。
そして今週末の3連休、初日の19日とみっか目の21日はまだ空きがございます。ぜひ魚群れ群れの雲見に遊びにいらして下さいっ!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP