最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

台風8号あけの雲見【2014年7月12日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 24ブイ→ はまゆのブイ
2ダイブ目:牛着岩 たて穴 → グンカン
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 軽く
波・うねり うねり少々、水路の通行可能だが三角穴は不可
気温 27℃
水温 18℃〜22℃
透明度:8m〜15m
透視度:6m〜12m
火曜日から昨日まで4日間クローズでしたが、週末の今日は久しぶりのオープンでした。
今日のお客様は台風の影響が残ることを考慮して、日程を変更していただきました。なので台風あけの海の様子をひとりで見に行ってきました。
2ダイブ牛着岩ver.9.024ブイでエントリー。白っぽいにごりはありますが、思ったより見えています。特に沖側は縦10m、横も7〜8mは見えていました。とりあえずこれだけ見えていれば充分です。イサキの群れがたくさんいたのですが、うまい感じに写真は撮れず。
次にチェックしたのが、水深24mのアーチを出たところにいたイボイソバナガニ。今までとは違うムチカラマツでしたが、うまいこといてくれました。
DSCF7479イボイソバナガニこれは産みたてと思われるウミウシのタマゴ。あんなに海が荒れていても、こうして子孫を残す営みをきちんとしているんですね。普段なら見慣れたスルーする光景も、台風の直後だと新鮮に感じたり。
DSCF7482ウミウシのタマゴセンヒメウミウシ発見です。
DSCF7494センヒメウミウシ次にチェックしたのが、ハナタツたて穴前に3匹いたんですが、今日は赤くてトゲトゲしたヤツ1匹しかみつかりませんでした。
DSCF7517ハナタツH型のトンネル周辺にはキンメモドキの群れがまだいてくれました。(*^Д^)=з
DSCF7519穴の中のキンメモドキ穴の中にも、穴の上にも。
DSCF7523岩の上キンメモドキ小牛の洞窟の入口で、小さめのクエに遭遇。
DSCF7527クエアカシマシラヒゲエビは2匹とも健在でした。でも今日はあまり前に出てきてくれませんでしたね。
DSCF7529アカシマシラヒゲエビ岩肌をふと見ると、ヨツハモガニ
DSCF7535ヨツハモガニ水路はうねりが残っていましたが、通ることはできました。まあ、かなり揺られますけどね。
これは水路下の洞窟にいたキンメモドキの群れです。
DSCF7536あかり取り窓ふりむくとこんな感じ。白っぽい濁りのせいで見通しはあまりよくありませんが、その分幻想的な風景です。
DSCF7538水路下三角穴の下はこんな感じ。光が差すといい感じですね。
DSCF7539三角穴下湾内にいた赤くてモジャモジャの生えたカエルアンコウ、ちょっと探してみましたがいませんでした。さすがにいなくなっちゃいますよね。
これはアオヒゲヒラホンヤドカリ。小さいです。甲の幅はたぶん1cm無いくらい。
DSCF7542アオヒゲヒラホンヤドカリ2本目は知り合いの若手ガイドさんと一緒に潜りました。島裏の普段あまり行かない辺りの地形を覚えたい、とのことだったので、海の中の道を伝授。最初、海の中に道があるって言ったら変な顔されましたけど。でも、ほんとにあるんです。「たて穴」とか「水深26mのアーチ」とか、点でしかない場所をつなぐ道=線が分かれば、ガイドの幅もきっと広がるはずです。(⌒^⌒)b
これは浮上したグンカンに群れていたイサキです。
DSCF7544イサキ明日はうねりもなくなる予定です。
そして来週はもう3連休なんですね。初日の19日と最後の21日はまだ空きがあります。ぜひ遊びにいらして下さい!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP