最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雨でも水中は楽しい雲見【2014年4月30日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島裏 → 大牛の洞窟
天気 雨
風向 北東のち南東
流れ ごくゆるい下り潮
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 17℃
水温 16℃
透明度:12m〜15m
透視度:7m〜10m
今日は朝から雨模様。肌寒い天気となりました。波は無いのですが、うねりが入って小さい生き物の写真を撮るのは大変な感じでした。でも頑張って探してきましたよ〜。
2ダイブ牛着岩ver.9.0今日のゲストはベテランダイバーがお二人様。地形や魚の群れを楽しみながらウミウシなど生き物を探してきました。
最初はヒメセミエビから。
IMG_0001ヒメセミエビこれは通称オセロウミウシ。雲見では何か所かこのウミウシの出現頻度が高い場所があります。水路下の洞窟もそのひとつ。
IMG_0002オセロ体の一部がちぎれているサラサウミウシ
IMG_0013サラサゲストが見つけたユビウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAH型のトンネル前の魚影です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA体に白い点々があるアカエラミノウミウシ
IMG_0023アカエラミノ名前の分からないミノウミウシの仲間。よく見ると産卵中です!
IMG_0028ナゾミノこれは和名のないドト・ラケモサというウミウシ。こちらも産卵中ですね。周りには甲殻類の一種ワレカラが無数にいましたが、肉眼では気がつきませんでした。
IMG_0032ドト・ラケモサとワレカラかくれんぼ上手のベニカエルアンコウ。少し場所が変わっていたので、焦りました。
IMG_0035ベニカエルの顔小さくてめりこむようにいたムラサキウミコチョウ
IMG_0042ムラサキウミコチョウこれは昨日とまったく同じ場所にいました。白いベニカエルアンコウ
IMG_0048ベニカエルの顔2本目はコンガスリウミウシからスタートです。
IMG_0056コンガスリこれ、未だにどちらだか迷っています。ヘリシロイロウミウシフチベニイロウミウシか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAハナイロウミウシは昨日よりは撮りやすいポジションに。
IMG_0062ハナイロたて穴前の魚影です。太陽が出ていないのでちょっと暗いですが透明度といい群れの密度の濃さといい、申し分ないです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそしてたて穴前のハナタツは、昨日3匹いるのが確認されました。そして今日も3匹見ることが出来ました。
そのうちの1匹ですが、お腹が大きいように見えます。オスでしょうか?
ちなみにハナタツはオスのお腹に育児嚢があります。
IMG_0076ハナタツ今日もいてくれました。ボブサンウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA大牛の洞窟前の魚影です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはイバラウミウシ属の一種1ですね。
IMG_0091イバラ一種1シラユキウミウシです。
IMG_0094シラユキそしてコガネミノウミウシ
IMG_0101コガネミノ他にも色々見ることが出来ました。本日の写真提供はTomoneeさんとMacchannさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 5月15日(木)から18日(日)の間、お休みをいただきます。m(_ _)m

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP