最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

春の陽気に誘われて雲見へ【2014年4月8日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島裏 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 西より
流れ ほとんどなし
波・うねり うねり少々あり
気温 16℃
水温 14℃〜15℃
透明度:16m〜17m
透視度:10m〜12m

明るい春の日差しに誘われて、雲見でチェックダイブしてきました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0まずこれはH型のトンネルの様子です。透明度のいい状態は続いていますね。縦は16m〜17mは見えていました。穴の中にはクロホシイシモチなどの小魚がぎっしり。
DSCF6048Hの穴ガヤの上にはきれいな色のミノウミウシの仲間です。図鑑を調べましたが、名前が分かりません。
DSCF6050なんじゃらほい?クランクにはキンメモドキの群れ。
DSCF6054キンメモドキそして、クエ登場!
DSCF6059クエよーく見ると大きいのと中くらいのとクエが2匹います。大きいほうは岩に隠れて一部しか見えない上に、キンメモドキミナミハタンポが邪魔ですが。f ^ ^ *)
DSCF6067クエ2匹と魚群カイメンの上を素速く動く小さい影!
たぶんコノハガニ? いやヨツハモガニのようです。
DSCF6082コノハガニ?フチベニイロウミウシヘリシロイロウミウシかまだ迷っています。f ^ ^ *)
DSCF6083フチベニイロ今日は少しうねりがあったので、ウミウシ達はこんな感じで奥に引っ込んでいます。
これはミチヨミノウミウシです。体長は1cmくらいかな?
DSCF6089ミチヨミノこちらは一見ウミウシには見えません。カメノコフシエラガイが2匹です。こちらは1匹が10cm以上ある大きめの個体でした。
DSCF6095カメノコフシエラガイ2匹そこへ行くと定番のサラサウミウシはいかにもウミウシっぽい姿かたちで安心できます。
DSCF6099サラサ2本目は大牛の洞窟を中心に潜りました。潜る前にDSエグザイルの松田さんに教えてもらったボブサンウミウシ。すぐにみつかりました。ありがとうございます。
DSCF6104ボブサンこれはサクラミノウミウシですね。
DSCF6106サクラミノイガグリウミウシシロウミウシヒロウミウシはたくさんいました。下の写真はイガグリウミウシです。
DSCF6107イガグリめりこんでますね〜。f ^ ^ *) えーとシラユキウミウシですね。
DSCF6111シラユキこちらはコトヒメウミウシです。
DSCF6115コトヒメ体長4cmくらいのベニカエルアンコウ、みつけました。
DSCF6122ベニカエルむむむ? またよく分からないカニを見つけてしまいました。色が白っぽいし小さいのでノコギリガニ辺りの幼体でしょうか。
DSCF6128謎のカニ雲見の普通種? オセロウミウシ(仮称)も4個体みつけました。そのうちのペアだったヤツ。
DSCF6135オセロのペア洞窟の出口にはたくさんの魚が群れていました。
DSCF6146魚群雲見は1回のダイビングで地形・群れ・生き物、ぜーんぶ楽しめちゃいます。ぜひ遊びにいらして下さいね〜。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 本日4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ 2014年5月は宮古島へ!ダイナミックな地形と野外音楽イベント「ミュージックコンベンション」を楽しむ、一粒で二度美味しい欲張りな計画です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP