最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

地形を思う存分楽しむ雲見【2014年1月24日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 小牛横 → グンカン
2ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース+α
3ダイブ目:三競
天気 晴れ
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり 浅場に弱いうねり少々
気温 9℃
水温 14℃
透明度:18m〜20m
透視度:14m〜15m

今日はリピーターのゲストおふたりでした。1本目はちょっと変わったダイビングを、ということで、牛着岩の沖側・中層をふわふわと泳いできました。そして2本目、3本目はしっかりと穴をくぐるコース。いずれにしろ生き物というよりは水中景観を楽しむダイビングでした。
2ダイブ牛着岩ver.9.0中層ダイビングでは、ほとんど着底しません。ずっと中層を泳いでいます。そして普段めったに行かないアウトサイドのモロコ根平根飛び根といった場所を経由。終点のグンカンで浮上です。途中、すごい数のキビナゴがきらきらと輝いてきれいでしたね。
DSCF6716キビナゴ2本目は穴巡りです。これはH型のトンネル
DSCF6723Hの穴「小空間」の様子。
DSCF6724小空間H型のトンネルから見たクランクです。
DSCF6725クランクキンメモドキの群れとダイバー。
DSCF6727クランク水深24mのアーチたて穴を経由したあと、またH型のトンネルへ。ここには出入り口が4つあり、それぞれ行き来できるので、何通りものコースが考えられます。帰りは先ほどとは違う通り方なので、別の場所のように見えます。
DSCF6728Hの穴そして水路下の洞窟へ。
DSCF6731水路下の洞窟この穴の突き当たりに、「特別室」という小さな行き止まりの穴があります。まさに今日のような特別の時にしか行かない場所です。太陽の位置がちょうどよかったのか、中に光の筋がきれいに差し込んでいました。そして最後、浅い岩場で安全停止中に見たミスガイです。
DSCF6732ミスガイ3本目は三競へ。三競には1番から5番まで番号の振られた大きな洞窟が5つあります。またこれ以外にも大小様々な穴があります。
これは2番の穴の様子。
DSCF6737三競2の穴あちこちに大きなイセエビが。
DSCF6738イセエビいなくなったかも、と言われていたパイナップルウミウシ。いえいえ、ちゃーんといますけど。
DSCF6740パイナップルウミウシ3の穴の様子です。かっこいいですね。(⌒^⌒)b
DSCF6742三競3の穴ん?ウミウシ・・・?いや、ナマコの幼体ですね。体長は3cmほど。
DSCF6746ナマコの幼体海草・海藻の一種ホンダワラの仲間が元気よく生育を開始していました。
DSCF6748ホンダワラ青い点々が目印のミヤコウミウシみつけました。
DSCF6750ミヤコウミウシ4番の穴の中にある、通称「宮殿」という場所。水深は6mほどしかありません。
DSCF6751宮殿迷宮の出口・5番の穴の様子です。ここまで来ると、複雑な海底迷宮探険も終わった〜って感じがします。
DSCF6752三競5の穴昨日は生き物探し、今日は地形探険。同じ雲見でもまったく違ったスタイルのダイビングでした。それが雲見のいいところですね。
明日は西風が強く吹く予報。雲見でのダイビングは難しそうです。(;´д`)

【アイダイブからのお知らせ】

■ 1月28日〜30日、お休みいたします。

■ 2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!大物もマクロも地形もなんでもありの久米島、夜はもちろん、美味しい沖縄料理に舌鼓!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP