最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ワイドとマクロ両方楽しむ田子【2014年1月11日】

ポイント名 田子
1ダイブ目:白崎2番→1番のブイ
2ダイブ目:白崎1番のブイ
天気 晴れ
風向 西風
流れ なし
波・うねり 風波少々
気温 10℃
水温 15℃
透明度:10m~12m
透視度:7m~8m

今日は田子へ行ってきました!
今日は一眼レフのカメラをお持ちのゲストとマンツーマン。1本目はワイドな写真を撮りたいとのご希望でした。
そこで外洋のポイントへ行けないかサービスに打診してみました。一応行くだけ行ってみて、ダメそうなら引き返すってことで出発。しかし湾内から外洋へ出る場所で既に波がザブンザブンしているのが見えたので、Uターン。おとなしく内海の白崎で潜る事になりました。

まずはエダサンゴの群生地で撮影開始!
IMG_9979エダサンゴとダイバーエダサンゴの種類はヒメエダミドリイシ。
IMG_9993エダサンゴ鮮やかな緑が印象的です。
IMG_9997ダイバーとサンゴそのあと少し移動して、今度はソフトコーラルの群生を被写体に。
IMG_0009ミノカサゴいい感じにミノカサゴがからんでくれました。
IMG_0020ミノカサゴ2本目はレンズをワイドからマクロに換えて。最初の被写体は日本固有のサンゴの仲間ニホンアワサンゴです。
IMG_0040ニホンアワサンゴお次はウデフリツノザヤウミウシ。通称ピカチュウです。大きく口を開いているように見えます。
IMG_0055ピカチュウこれはイボイソバナガニ。
IMG_0049イボイソバナガニここからは小さいウミウシシリーズ。どれも数ミリからせいぜい1cm程度の大きさでした。
最初はカメキオトメウミウシ。
IMG_0050カメキオトメお次はシロイバラウミウシ。
IMG_0057シロイバラこれはアズキウミウシでしょうか?
IMG_0060アズキウミウシ?コトヒメウミウシ。
IMG_0063コトヒメピカチュウも体長1cmに満たないミニサイズのがいたのですが、お尻を向けていました。
IMG_0065チビピカチュウこれはヒロウミウシ。
IMG_0068ヒロウミウシシロウミウシ。緑の草原を行く、って感じです。
IMG_0072シロウミウシ最後はナマコマルガザミ。結構たくさんナマコを裏返してやっとみつけました。f ^ ^ *)
IMG_0080ナマコマルガザミ今日はワイドもマクロも思う存分楽しんでいただけたと思います。明日も西風の予報ですが、午前中は一旦穏やかになるみたい。果たして雲見で潜れるのでしょうか。

本日の写真提供はYosukeさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!大物もマクロも地形もなんでもありの久米島、夜はもちろん、美味しい沖縄料理に舌鼓!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP