最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

毎日違った表情の雲見【2013年10月31日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 小牛の洞窟 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
3ダイブ目:黒崎
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ 無し → 上り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 20℃
水温 22℃
透明度:13m〜15m
透視度:12m〜14m

今日は昨日から引き続きのゲストが2名、朝電車でご到着の初・雲見ゲストが1名様でした。まず1本目は昨日からのお客様とゆっくり潜って来ました。

2ダイブ牛着岩ver.9.0

いろんな生き物に出逢える少人数限定の穴・小牛の洞窟へ。最初にチェックしたのはレア物ウミウシのトルンナ・プルプロペディスを見ました。それから定番のヒメセミエビノコギリガニボウズコウイカイセエビオトヒメエビカサゴイタチウオや下の写真のムスメウシノシタなど見ることが出来ました。

IMG_0319ムスメウシノシタ

珍しいところではマルコブカラッパも!

IMG_0334マルコブカラッパ

出口の様子です。

IMG_0336小牛の洞窟出口

これは水深24mのアーチ周辺の魚影。

IMG_0357_24アーチ周辺

最後は雲見のブルーコーナーで安全停止を兼ねて。キンギョハナダイソラスズメダイキビナゴや大きなマダイなど見ることが出来ました。

IMG_0383ブルーコーナー 私の2本目は電車でご到着の初・雲見ゲストとマンツーマンダイビング。ゆっくりと雲見ならではの地形を楽しんで頂きました。

これはクランクの魚影。群れの密度が濃すぎて、辺りが暗くなるほどです。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番のアカホシカクレエビ。今あちこちにたくさんいますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この他アカハチハゼテングダイクリアクリーナーシュリンプイサキの群れなど見ることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3本目はみんなで黒崎へ行ってきました。台風あけで初めてです。

IMG_0398黒崎の洞窟いつもの黒崎の洞窟、今までいたキンメモドキの群れがいなくなっていました。これはひょっとして・・・?

はい、やっぱり!また元の黒崎のトンネルに戻ってきていました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すごい!ボリューム感のある群れが形を刻々と変えながら、穴の中を移動しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いや〜今日も面白かった!本日の写真提供はTakuyaさん、Ayumiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第3期募集は12月まで!

■ 2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP