最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

大きなうねりある田子の外洋へ【2013年10月23日】

ポイント名 田子
1ダイブ目:太根
2ダイブ目:白崎
天気 曇り
風向 南西
流れ ほとんどなし
波・うねり 長い波長のうねりあり
気温 19℃
水温 22℃〜23℃
透明度:外海;18m〜20m、内海;6〜8m
透視度:外海;13m〜14m、内海;4〜6m

リピーターのゲストとマンツーマンダイビング。雲見はクローズだったので田子へ行ってきました。
1本目は外洋の太根へ。風が東よりのせいか、そんなに波はありません。

DSCF4769雲行き

しかし、大きなうねりが届いていましたね。波打ち際には大きな白波が立っています。

DSCF4770うねり

太根にエントリーすると、ゆるい流れ。そして若干白っぽいものの20m前後はある透明度。そして魚の群れも健在でした。

DSCF4781ダイバー越しの群れ

キンギョハナダイの群れ。今年生まれたと思われる小振りの個体数がハンパ無かったですね。
しかし根に寄るとうねりで身体が大きく左右に揺られます。むしろ中層で浮きながら、群れを眺めている方が楽ちんでしたね。仮に小さな生き物がいたとしても、このうねりでは写真はムリでしょう。
また深くて広い外洋の太根さえこんなにうねっているんですから、比較的浅くて狭い雲見の牛着岩周辺はさらにうねりが増幅しているでしょうね。クローズなのも納得です。

DSCF4785キンギョ爆発

2本目はのんびり湾内の白崎で遊びました。

これはイソカサゴと思われるカサゴの仲間がカニの仲間を口にくわえている様子。このままばりばり食べちゃうんですかね? さすがに食べにくいみたいでくわえたまま、じーっと動きませんでしたが。

DSCF4798カサゴがカニ

大きなソフトコーラルに小さなスケロクウミタケハゼが隠れていました。

DSCF1097スケロクウミタケハゼ

カザリイソギンチャクエビを撮っていたら、俺も撮ってくれ、と言わんばかりにミノカサゴが寄ってきました。

DSCF1102ミノカサゴ

オオアカヒトデにはヒトデヤドリエビ。これは分かりやすいほうの個体。

DSCF4801ヒトデヤドリエビ

こちらは分かりにくいほうの個体。

DSCF4803ヒトデヤドリエビ

最後はエダサンゴ畑でのんびりフィッシュウオッチング。色々なチョウチョウウオの幼魚を見る事が出来ました。
たとえば、これはアケボノチョウチョウウオの幼魚ですね。

DSCF4809アケボノチョウ

それからこれはツノハタタテダイの幼魚。

DSCF1105ツノハタタテダイyg.

ヒメエダミドリイシの群生、相変わらずきれいです。

DSCF4816サンゴ群生

はい、今日は午前中素速く2ダイブして早めに上がりました。
写真提供はMakikoさんです。ありがとうございました!

さて気になるふたつの台風の動向ですが・・・。でかい強い遅い、3拍子揃った嫌なコンビです。どちらの台風も現在の予報では週末の土曜日26日にもっとも接近しそうですね。Ψ(´д`)Ψ

なんとか日曜日には通り過ぎていって、ダイビングが出来るようになればいいのですが・・・。当店も明日あさってとお休み。週末の土曜日日曜日は、台風の様子を見ながら判断、という事になりそうです。

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第3期募集は12月まで!

2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP