最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

透明度いい!流れもある雲見【2013年10月21日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 小牛の前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島裏 → グンカン
天気 曇り
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり 水面の見た目よりはうねりある感じ
気温 21℃
水温 22℃〜23℃
透明度:15m〜16m
透視度:13m〜14m

今日はリピーターのゲストとマンツーマンダイブ。午前中でサクッと2本潜ってきました。

2ダイブ牛着岩ver.9.0

1本目は昨日「海の境界」の玉木さんが見つけたオオモンカエルアンコウを探しに・・・。
でも移動してしまったのかみつかりませんでした。(T_T)

水路の入口では台風前からいるオビテンスモドキ。でも昨日一緒にいたツユベラの幼魚はみつかりませんでした。
これはクランクに群れる魚たち。

DSCF4702クランク

このあと、小牛の洞窟へ。

まず洞窟入口のレア物ウミウシをチェック。台風26号のうねりも乗り越えた強者です。 和名はなく、トルンナ・プルプロペディスと呼ばれています。ただ写真は無しです。

洞窟内に入ると、定番の生き物たちが次々にみつかりました。まず、ヒメセミエビ

DSCF4719ヒメセミエビ

それからベニツケガニ

DSCF4720ベニツケガニ

大きなイセエビ。他にも何匹も。

DSCF4711イセエビ

ベニホンヤドカリ。緑の目が印象的ですね。

DSCF4717ベニホンヤドカリ

これはウツボをクリーニングしていたソリハシコモンエビ

DSCF4715ソリハシコモンエビ

この他オトヒメエビカサゴイタチウオムスメウシノシタといった生き物を見る事が出来ました。

小牛の洞窟の出口の様子。

DSCF4723小牛の洞窟

最後はブルーコーナーと呼ばれる浅い岩の上で安全停止。流れが強くて大変でしたが、キンギョハナダイの群れがそれは綺麗でした。

DSCF4726ブルーコーナー

2本目は島裏から。最初に入ったH型のトンネルで大きなクエと正面衝突。今日はこれが二度目の遭遇です。

DSCF4732クエ

今日のゲストがお気に入りの場所、ブルーコーナーをもう一度通過。

DSCF4729ブルーコーナー

これは小さな穴からひょいと顔を出すアライソコケギンポ

DSCF4738アライソコケギンポ

これはカンムリベラの幼魚ですね。今年初めて見ました。

DSCF4743カンムリベラyg.

大牛の洞窟では定番のサクラテンジクダイをじっくりと見てきました。そのあと、ウツボをクリーニングするクリアクリーナーシュリンプを発見!

DSCF4752ウツボにクリクリ

よく見ると頭の上にも2匹乗っていました。

DSCF4757ウツボとクリクリ×2

これはアカスジカクレエビ。今年はいないねえという話をしたら、はまゆのささめちゃんが大牛の洞窟にいたよ、と教えてくれました。その通りの場所にいましたね。よく見るとお腹にタマゴを抱えているようです。

DSCF4760アカスジカクレエビ

最後のグンカンでは台風前に楽しませてくれたカイカムリを探しましたが、みつかりませんでした。その代わり、アカハチハゼを発見。黄色い頭が印象的な魚ですね。

DSCF4763アカハチハゼ

今日も楽しく潜り終わりました。お疲れさまでした!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第3期募集は12月まで!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP