最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

うねってても生き物探し楽しい雲見【2013年10月8日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 トレジャーロック → グンカン
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 1本目下り潮、2本目上り潮
波・うねり うねり少々
気温 27℃
水温 24℃〜25℃
透明度:15m〜16m
透視度:13m〜14m

う〜ん、しつこいうねり、長引いていますね〜。今日もうねっていました。しかも台風24号がブーメランのように向きを変えて、さらに足を速めて近づいてくる予報です。なので朝からクローズするという話もありましたが、何とかお願いして午前中だけ潜らせてもらいました。

2ダイブ牛着岩ver.9.0

でも、うねっている割には透明度回復しています。これは水路下の洞窟の様子。

DSCF4538水路下の洞窟

ゲストはアイダイブのお客様の中でもピカイチのカメラの腕をお持ちの方。今日もエビ・カニ類を中心にたくさんのステキな写真を頂きました。順にご紹介していきましょう。

まず、これ。クツワハゼの幼魚ですね。サビハゼかな?という話もありましたが、図鑑を確認したところこちらでした。

IMG_7910クツワハゼ幼魚

ウツボの身体に乗ってクリーニングしていたクリアクリーナーシュリンプ

IMG_7918クリクリ

ウツボが動いた瞬間に、ひょいと近くの石の上に降り立った瞬間です。

IMG_7920クリクリ

う〜ん、なんとも神秘的な目の色ですね。コウイカの仲間です。

IMG_7922ボウズコウイカ

カサゴショウジンガニと思われるカニをくわえていました!弱肉強食!

IMG_7929カサゴがショウジンガニ幼体

サンゴイソギンチャクの奥にいたカザリイソギンチャクエビ。手前の黒っぽいものは同じイソギンチャクにいたミツボシクロスズメダイ

IMG_7934カザリイソギンチャクエビ

こちらはクランクの魚影。圧倒的です。

DSCF4539クランク

やっぱりこの人は外せません。和名のないレア物ウミウシ・トルンナ・プルプロペディス

IMG_7939トルンナ・プルプロペディス

小牛の洞窟にはポムじいさんことヒメセミエビ。分かるヤツだけ分かればいい。by 花巻さん。

IMG_7945ヒメセミエビ

うわあ、何度見てもかわえええ!カイカムリです。

IMG_7953カイカムリ

おっと、もう一枚。

IMG_7955カイカムリのアップ

もちろんこいつも外せません。スジタテガミカエルウオ
ただ、ブルーコーナーの上はうねりに加えて強烈な下り潮。苦戦しました。

IMG_7979スジタテガミカエルウオ

2本目は大牛の湾内からスタートしました。これはアカホシカクレエビ

IMG_7986アカホシカクレエビ

ソフトコーラルの枝状にひっそりとたたずむスケロクウミタケハゼ、またはその近似種です。

IMG_7992スケロクウミタケハゼor近似種

あーこれは肉眼よりよっぽどよく分かります。それくらい小さかったですね。イソバナカクレエビ

IMG_7997イソバナカクレエビ

どこにでもいるオキゴンベも、特別な被写体に見えてきますね。

IMG_8004オキゴンベ

体長2cmほどのガラスハゼの上に、寄生虫。ちょっと気の毒。

IMG_8017ガラスハゼに寄生虫

同じ場所にムチカラマツエビも。

IMG_8023ムチカラマツエビ

イソギンチャクをのぞけばたいてい見つかるカザリイソギンチャクエビ。右側の個体は抱卵していましたが、残念ながらタマゴを写真に写す事は出来ませんでした。

IMG_8028カザリイソギンチャクエビ2匹

動き回るナガサキスズメダイを見事にとらえた一枚。

IMG_8034ナガサキスズメダイ

そしてグンカンカイカムリ。こちらのほうがひとまわり大きいようですね。

IMG_8057カイカムリ

キンギョハナダイのメス。目の上のアイシャドウがばっちり分かります。

IMG_8067キンギョハナダイ

最後はイソギンチャクエビ。グンカンのてっぺんにあるイソギンチャク畑にはたくさんいますね。

IMG_8077イソギンチャクエビ
この他にも大きいのと中くらいのクエコブダイウミウサギガイキイロイボウミウシアオウミウシイサキの群れなど見る事が出来ました。

はい、今日はサクッと午前中2ダイブで上がりました。明日はさすがに雲見はクローズになりそうです。
本日の素晴らしい写真提供はHiroseさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 10月10日と15日、お休み頂きます。m(_ _)m

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP