最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

美味しそうなお魚いっぱいの雲見【2013年4月29日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
2ダイブ目:牛着岩 小牛の洞窟→ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんど無し
波・うねり ほとんどなし
気温 20℃
水温 18℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

晴れて穏やかな雲見でした。うねりもほとんど無くなりましたね。

今日はアイダイブは2度目ですが、初・雲見のゲストとマンツーマンダイブ。以前来て頂いたときは雲見がまさかのクローズでした。

2dive牛着岩ver.8.1

ご自分のカメラのバッテリーを忘れてしまわれたとかで、急きょ当店のカメラをレンタルすることに。

初・雲見ですからまずはスタンダードコースへ。
雲見のユニークな形の穴を効率的に1回のダイビングで回ることの出来る王道コースです。

H型の穴を出た辺りで、暗がりにひっそりと佇むクエに遭遇。ネンブツダイの群れの向こう側にいるのですが、ニンジャみたいですね。

DSCF1110クエ

 

クランクを抜けると中層にはキビナゴの群れ。その群れを切り裂くように泳ぐ回遊魚の姿も。あれはワラサかヒラマサでしょうか?

DSCF1114ワラサ

雲見には写真のように大きなイシダイマダイもたくさんいます。何だか美味しい魚のオンパレードですね。

DSCF1115イシダイ

最近の定番、ハナタツは写真失敗。でもビシャモンエビは成功しました。

DSCF0840ビシャモンエビ

1本目はこの他にもニシキウミウシムラサキウミコチョウサギリオトメウミウシアカホシカクレエビボウズコウイカなどを見ることが出来ました。

2本目は少人数限定、行き止まりの狭い穴・小牛の洞窟スタート。今日はマンツーマンなのでチャンスですね。

暗い穴の中は甲殻類の宝庫。いつものメンバーが次から次に現れて楽しませてくれます。まずはヒメセミエビ

DSCF0849ヒメセミエビ

大きなイセエビ

DSCF0851イセエビ

紅白の模様でめでたいのはオトヒメエビ

DSCF0857オトヒメエビ

壁の亀裂にはノコギリガニ

DSCF0860ノコギリガニ

魚もいます。石の上にはムスメウシノシタ

DSCF0859ムスメウシノシタ

この他サクラテンジクダイカサゴイタチウオも。

洞窟を出たらウミウシ探し。定番のアオウミウシもいいアングルで撮れました。

DSCF0863アオウミウシ

こちらはサラサウミウシ

DSCF0867サラサ

白地に赤い触角はオトメウミウシ

DSCF0862オトメ

いたりいなかったりでガイド泣かせ。マダライロウミウシはきれいだとゲストにとても好評でした。

DSCF1129madarairo

これは擬態名人の甲殻類・アケウス

DSCF1133アケウス

本日の写真提供はMayumiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

■ アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP