最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

さすがにGWの雲見は大賑わい【2013年4月28日】

ポイント名 雲見

 1ダイブ目:牛着岩 24ブイ→ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんど無し
波・うねり 波少々
気温 19℃
水温 19℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m

少しうねりが残っていますが、問題のない海況です。

本日のアイダイブゲストはリピーター様が3名様。のんびりダイビングでした。

2dive牛着岩ver.8.1

しかし、さすがにゴールデンウィーク。波止場は大勢のダイバーで混んでいました。いよいよ冬眠中のダイバーさん達が動き出した感があります。(*^^*)

さて。マンボウへの未練が断ちきれない私は、マンボウが出そうなエリアで生き物探しする、というあわよくば2匹目のどじょうを狙う作戦。宝くじも買わなきゃ当たりませんから。

ゲスト達は思い思いに被写体を探しては写真を撮っています。
これはそんな風にして撮った一枚。サラサエビです。

DSCF6656サラサエビ

でも私が見つけたハナタツアラリウミウシはちょっと失敗。(T_T)

これは成功。ビシャモンエビ

DSCF6660ビシャモンエビ

よーく見ると5匹のムラサキウミコチョウが写っています。

フクザツなウミウシ関係ですね。f ^ ^ *)

DSCF6664ムラサキウミコチョウ5匹

とってもフォトジェニックなミアミラウミウシ

DSCF6672ミアミラ

こちらはアカホシカクレエビ。マンボウ待ちの根に2個体いるうちの小さいほうです。

DSCF6676アカホシカクレエビ

これは・・・。紫色のミノウミウシの仲間ですが、ちっこすぎてなんだかよく分かりません。時々見かけるんですけどね。

DSCF6692紫色のミノの仲間

トゲトサカの中にいたカニ。でもイソコンペイトウガニではありません。なんだろう・・・?

DSCF6704トゲトサカ

写真を撮るには少しうねりが邪魔だったので、比較的影響を受けない大牛の洞窟に避難しました。
最初に見つけたのはリュウモンイロウミウシを2個体。そして次にこの小さなセトイロウミウシです。

DSCF6717セトイロ

センヒメウミウシも小さかったです!

DSCF6720センヒメ

こちらはオセロウミウシ(仮称)が5個体?6個体? 1ダイブ目のムラサキウミコチョウといい、色々なウミウシが繁殖シーズン突入のようですね。

DSCF6730オセロ乱交

これは、文句なく美しい!名前もかわいいハナビラミノウミウシです。

DSCF6736ハナビラミノ

こちらもネーミングのセンスはなかなかかと。キャラメルウミウシ

DSCF6743キャラメル

こちらはウミウサギガイの仲間ムラクモキヌヅツミ

DSCF6763ムラクモキヌヅツミ

そして最後はかなり立派に成長したカナメイロウミウシ。息を飲むほどに美しいウミウシです。

DSCF6769カナメイロ

雲見の海は地形探険のワクワクや、小さくてきれいな生き物の宝探し、群れている魚の数に圧倒されるなど、いろんな種類のおどろきが波状攻撃のように次から次へとやって来ます。だから楽しいんですね〜。(*^^*)

本日の写真提供はYumikoさん。ありがとうございました!
さらに、オリジナルTシャツプロジェクトにもご注文頂きました。ブラック、ターコイズブルー、アイビーグリーン、そしてレッドの4色です。あなたなら何色を選びますか??

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

■ アイダイブ的宮古島のご案内!ミュージックコンベンションにも参加予定!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!
お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP